パワーストーンが好き

パワーストーンの意味

 

パワーストーンは、水晶やターコイズといった天然石のことです。それぞれの天然石には意味が込められており、それを身につけることで願いをかなえ、生活に何らかの変化が現れるとされています。今ではファッション要素もプラスされて今のパワーストーンのような形になり人気を集めるようになりました。

 

恋愛運や金運、自分に自信を持ちたいなど様々な意味が込められている天然石を1個〜複数個組み合わせてブレスレットにしたり、原石を一つだけ部屋に飾ったりなど様々な用途があります。天然石は一つずつ模様(風景)があり、世界に一つだけの石として珍重される傾向があります。昨今では、願い事を石に込める意味合いよりも、ファッション感覚で身につける方が多い傾向にあります。

 

パワーストーンには、それぞれの石に意味が込められています。紅水晶(ローズクォーツ)であれば「愛情」「母性」、トルコ石(ターコイズ)であれば「勇気」「幸福」「沈静」などという意味が込められています。花言葉と同じだと受け止めると分かりやすいでしょう。一つの石にたくさんの言葉が込められており、文献ごとに見解が異なる場合がありますが、大筋では同じであることが分かります。

 

これらの天然石を複数組み合わせて作るパワーブレスレットは男女問わず、自分自身のハッピーチャームとして受け入れられています。なりたい自分に変わるため、幸運を呼び寄せるためなど様々な理由で身につけている方がいます。ブレス以外のアクセサリーとして加工されている商品もあります。

 

パワーストーンの種類

 

パワーストーンには様々な種類があります。水晶やアメジスト(紫水晶)ターコイズ、シトリンなど多岐にわたります。名前が似通っているものも多いのですが、色や透明感などが天然石ごとに違いがあります。天然石であることが基本なのですが、パワーストーンには、人工的に作られたものもあります。透明樹脂に色素をプラスしたものなどもあります。

 

種類ごとに意味合いも異なり、それぞれに願いが込められています。それを考えながら複数の天然石を組み合わせ、ラッキーアイテムを作ることが殆どです。ブレスレットや、ネックレス、ストラップなどを作ることが多いようです。色や質感の違いなどを楽しみながら、世界に一つだけ、あなただけのラッキーアイテムを作り出してください。

 

パワーストーンの組み合わせ

 

パワーストーンを身につける時にはいくつか注意しなければいけないことがあります。それは天然石の組み合わせに関することです。複数の石を合わせる時には、相性の良し悪しがありますので注意しましょう。たとえば、リラクゼーションの効果がある石とアグレッシブな自分を引き出すための石を合わせるとお互いの効果が薄れてしまいます。「芯の強さ」をもたらす石と「かわいらしさ・優美さ」をもたらす石も同様、なりたい自分に近づくことはできないと考えましょう。

 

パワーストーンの組み合わせに関して悩むところがあれば、できるだけ天然石に関して熟知している方に、見立ててもらうことが一番です。現在・過去・未来の自分を石に投影して作るブレスは、あなたの一番のお守りになることでしょう。

 

パワーストーンの相性

 

パワーストーンにも、あなたとの相性があることをご存知でしたか。スピリチュアルな観点から天然石をコーディネイトしてくれるお店では、あなたが直感で選ぶ石を大切にします。

 

天然石はわずかながら波動を発するものもあり、手のひらに載せると暖かさやピリピリとした感覚を覚える方もいるようです。この感覚が「良いもの」と感じた場合は、相性が良いと捉えることができますが、嫌悪感があったり、不安を感じたりする場合はフィーリングが悪いものと判断します。その波動によって、石がメッセージを発している場合もあります。天然石のコーディネイターと一緒に、石が発する波動の意味とあなたが感じた気持ちを重ね合わせて考えてみると、よりよい天然石の組み合わせができるかもしれません。

 

 

 
  • (2013/06/20)LINK2を更新しました
  • (2013/06/20)LINK1を更新しました